忍者ブログ

~昨日よりも強く~

この度ヴェイパーフライ4%を履く機会に巡り会えたのでレビュー。
ヴィジュアルとしては先日レビューしたズームフライと大差はない。
が!全くの別物!ヴェイパーフライ4%、まさに異次元のシューズ!



ズームフライは足が前に出やすい(勝手に進む?)感覚のシューズ。
ただし、ある程度ちゃんとしたポジションで踏まないと機能しない。
また、クッションが効きすぎて地面からの反発も弱い感覚があった。

それに対しヴェイパーフライ4%は体ごと持っていかれるシューズ!
重心を強制的に前に引っ張られるような感覚でぐいんぐいんに進む!
接地ポジションも掴みやすい、っつーか自動的にアジャストされる?
いや、フォームそのものがシューズに合わせて矯正されているのか?
そして、クッションがありながらも地面の感覚が足に伝わってくる!

ディテール比較、まずはアッパー、ズームフライよりもだいぶ薄い。
軽量化され通気性も高くなってる、ただそのぶん耐久性は低いかな。
甲のサポートはフライワイヤーじゃなくてストリークタイプを搭載。

そして肝心のソール、ヴェイパーフライ4%はルナじゃなく新素材。
ズームXなる素材を使ってるんだけどこれが今までにない乗り心地。
個人的にはルナより柔らかい印象を受けたんだけど反発も得られる。
なんだろ、マシュマロ踏んづけてそのまま地面に当たるような感じ?
ズームフライに比べるとしっかり踏み込めるしキックもできる感触!
あと、インソールが前方向に傾斜してるような感じ?気のせいかな?
緩い下り坂を走ってるような感覚、慣れるまで少々違和感あるけど笑

人類の歴史を塗り替え、そしてランニングの未来を変えるシューズ。
¥25,920という値段は決して安くないがその価値は充分ある。
間違いなくランニングシューズの新しいムーブメントになるだろう。



ちなみに寿命は100km程度、フルマラソン2〜3本なんだとか笑

<昨日のメニュー>
夜練
30’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:7.0km
月間累計:149.0km

<本日のメニュー>
夜練
30’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:6.0km
月間累計:155.0km

PR

昨日のBREAKING2熱が冷めやらず今日はお一人様BREAKING2。
BREAKING2ペースで走りたいけど100%ムリなので3分切りが目標。
結果は3分03秒、悔しいのでもう1本ぶっ込んでみたけどやっぱ3分03秒。

1Kチャレンジは逃げ切り成功、BREAKING2チャレンジは早々に脱落。



<本日のメニュー>
昼練
お一人様BREAKING2
1km×2
1:3’03”
2:3’03”

アップ:35’JOG+WS×5
ダウン:5’JOG

夕練
30’JOG

体調:★★
体重:55.4kg
体脂肪率:5.0%
走行距離:18.0km
月間累計:142.0km

今日はNRC BREAKING 2のスペシャルセッションでお台場へ。
人類の限界に挑戦したBREAKING2を実際に体験できる貴重な機会。
本気で己の限界に挑戦するランナー達の熱気と迫力はモンツァに負けず劣らず。

ライバルとして集まったランナー達が最後には仲間としてお互いを称え合っていた。





















<本日のメニュー>
午後練
SPEED RUN

夜練
30’JOG

体調:★★
体重:55.6kg
体脂肪率:5.0%
走行距離:12.0km
月間累計:124.0km

今、巷で話題の厚底シューズ、実際のところどーなのよ?ってことで・・・。
今回ZOOMFLYを試す機会があったのでワタクシの独断と偏見でレビュー。
㌔5分で10kmジョグってみた感想なのでスピード出すとまた感覚違うかも。



ヴィジュアル的にソールの感触が気になるところだけどまずはアッパーから。
ナイキらしく前足部の補強はなしで幅は他のレーシングモデルに比べて広め。
サイドはお馴染みダイナミックフライワイヤーによる補強で中足部サポート。

で、本題のソール。ふわふわ感を予想して足入れしてみたら思ったより硬い。
フワッていうかクニッて感じ、まあ他のレーシングモデルに比べたらソフト。
ちなみネーミング的にはズームっつってるけど実際に使われてる素材はルナ。
それでもやや硬さを感じられるのはやっぱカーボンプレートを挟んでるから?

続いてライド感。まあコレがこのシューズの最大のポイントになるでしょう!
はじめの一歩を踏み出すと「?」からの「!」って感じ、とりあえず新感覚。
ポンッと接地するとクニッてクッションが来て、次の瞬間に前方にコロンッてね。
アレッ?!なんか今、勝手に前に進んだような気がするんだけど・・・って感じ。

ソールの形状の影響もあるんだけどやっぱカーボンプレートのサポートかな?
ソールに挟み込まれたスプーン状のカーボンプレートが推進力を生み出してる。
スプーンの底を重心が乗り越えた瞬間、一気に前方への加速感を感じられる!!
物理的に考えれば当たり前なんだけど実際に体感してみると未知との遭遇だわ。



ただ大迫選手も動画で言ってる通り「ちゃんとしたポジションで乗れば」だね。
スプーンの底を捉える能力がないとせっかくのカーボンプレートも意味がない。
スプーンの後ろ縁から踏み込んじゃうとロスがデカい、乗り越えるまでが無駄。
かと言ってフォア過ぎてもプレートの意味無し、ややフォアかミッドフット推し。

で、まとめ。ある程度の脚力があってこそ性能が発揮されるシューズと言える。
重心移動が遅い(ヒール接地)だとカーボンプレートの性能を上手く活かせない。
つまり腰が落ちたペタペタ走だとただクッション性の高いジョグシューになる。
が、性能を引き出せる脚力(フォーム)を備えていればサポートを実感できる。
ガンガンのフォアじゃなくても推進力が高くなるので脚を温存しながら走れる。
特にハーフマラソン以上の長い距離のロードに於いて実力を発揮してくれる一足。
ちなみにトラックだとクッション効き過ぎて使えないかな、飽くまでもロード用。

ハイグレードモデルのVAPOR FLY 4%との違いも気になるところ。
価格的にもZOOM FLYより一万円高いしただ軽量なだけじゃなさそうだし。
ただ生産数がかなり少ないらしいのでコッチは履ける機会なないかもしれない。



まあ、なんだかんだ言ってもシューズ自体が走る訳じゃない、コレは大前提。
道具に拘るのは悪くないけどますば自分の脚を信じられるよう練習しないとね。

<本日のメニュー>
昼練
40’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:8.0km
月間累計:112.0km

今日は復調へのきっかけを掴むために東大和へ出向いてトレーニング。
八王子の生ける伝説ことひろさんと昼練をご一緒させていただくことに。
メニューは予想していた通り公園内周回×6(6.3km)のビルドアップ。

2周目から3分40秒/kmを切るペースまで上がり早々に余裕なし。
3周目は自分が前に出て引っ張ったが4周目はキツくて後ろに下がった。
5周目で隙あらば前に出て逃げ切ろうと思ったがついていくだけで精一杯。

結局、6周目の中盤で限界が来て最後は大きく離されてフィニッシュ。
ただトータルのタイムを見ればまずまずの内容だし動きも悪くなかった。
それにしてもコレを毎日やってるひろさんヤバイわ、さすがはレジェンド。

夜は吉祥寺で久々のセッション、ズームフライ履いてみた、レヴューは後日。



<本日のメニュー>
昼練
6.3kmBU(1050m×6)
1:3’54”
2:3’45”
3:3’40”
4:3’35”
5:3’33”
6:3’44”
TTL:22’11”
AVE:3’31”/km

追加:1000m+200m
1000m:3’22”
200m:33”1

アップ:25’JOG+動き作り+5’JOG
ダウン:15’JOG

夜練
HOME RUN

体調:★★
体重:54.8kg
体脂肪率:5.0%
走行距離:27.0km
月間累計:104.0km

◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 7 10
13 15 16
18 19 21 23 24
27 28 29 30
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新記事
◎ 最新コメント
[06/26 カルティエ 結婚指輪 楽天]
[06/26 ブランド激安 着払い 60サイズ]
[06/26 tシャツ ブランド激安 口コミ]
[06/26 ロレックスn級品]
[05/29 もがく者]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]