忍者ブログ

~昨日よりも強く~

横浜駅伝まであと三週間を切りました、今日は今大会の展望を。
データが拾えた過去三大会の記録からおおよその優勝ラインを予想。
また、ライバルになりうるであろうチームをピックアップしてみた。

過去三大会の一般の部上位3チームとその記録。
<2011>
1位:美女軍団男組 2°16’35”
2位:脚膝倶楽部 2°21’34”
3位:伊勢原ランナーズ 2°21’34”

<2012>
1位:金山家 2°22’55”
2位:みなみRC 2°23’26”
3位:TMクラブ 2°23’33”

<2013>
1位:teamOGU 2°14’12”
2位:ハムちゃんず 2°20’02”
3位:湘南RC 2°21’15”

2011年と昨年の優勝チームはぶっちぎり、もしかして同じ人達?
さすがにこのレベルが来ちゃうと厳しいと言わざるを得ないな。
こればっかりは運次第、今回は出てこないことを祈るしかない。

年によって波はあるけど優勝を狙うには2時間20分を切る力が欲しい。
全員がベストパフォーマンスを発揮しないと達成は難しい記録だと思う。
ちなみ2時間20分を切るために必要なペースは㌔3分19秒。

高尾山走術研究所の歴代最高記録は2時間23分40秒。
2012の大会で4位に入った時の記録、優勝まであと45秒だった。
でも、こうして見ると2012年はちょっとレベルが低かったのか?

お次はライバルになりうるであろうチームと持ちタイム。
ハムちゃんず 2°20’02”(2013年2位)
湘南RC 2°21’15”(2013年3位)
オクテオンAC 2°21’25”(2013年4位)
伊勢原ランナーズ 2°21’34”(2011年3位)
横浜中央走友会 2°21’45”(2011年4位)
金山家 2°22’55”(2012年1位)
みなみRC 2°23’26(2012年2位)
TMクラブ 2°23’33(2012年3位)

上記は入賞常連の実力派チーム、今年も上位争いに絡んでくるだろう。
持ちタイムではどのチームも高尾山走術研究所を上回っている。
一歩間違えれば入賞圏内からも脱落してしまう可能性もある。

そして、今回は上記のチームだけでなく身内にもライバルが・・・。
そう、最大のライバルになるであろう高尾山走術研究所夢チーム。
メンバー構成を見るとラストまで勝負が縺れると予想される。

高尾山走術研究所夢チームを制した先に頂点の栄光が待っているはず。
そのためにはメンバー全員が1秒1秒を削り出さなければならない。
横浜駅伝2014、絶対に負けられない戦いがそこにはある。

<昨日のメニュー>
朝練
50’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:10.0km
月間累計:70.0km

<本日のメニュー>
朝練
50’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:9.0km
月間累計:79.0km

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 7 8
11 12 14
17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新記事
◎ 最新コメント
[07/19 韓国ブランドコピー時計]
[07/19 シャネルバッグコピー]
[07/18 ロレックスブランドコピー]
[07/18 ゼニス時計]
[07/18 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]