忍者ブログ

~昨日よりも強く~

昨日参加した富士登山駅伝のレポートをお送りいたします。

走友会からは富士森走友会と峯尾工務店の2チームが参加。
自分は峯尾工務店の2区・10区を担当させていただきました。
63c378a7.JPG















当日の早朝4時半に御殿場に向け西八王子を出発。
サポートのハセガワさんに現地まで送っていただきました。
出場経験のあるハセガワさんから色々とお話を伺いました。
やはり富士森にとって特別な大会であることを改めて実感。

現地には6時前に到着し、2区・10区のコースを車で試走。
傾斜の感じや距離表示などコースのポイントを頭に叩き込む。

その後、他のメンバーが前泊している宿へ。
各スタート地点へ出発していくメンバーたちを送り出します。
スタート地点が近い自分は一番最後の出発となりました。
徒歩にてスタート地点の青年の家に向かいます。

スタート地点には選手・サポーター・自衛隊員が溢れており、
独特の雰囲気と緊張感が漂っておりました。

軽めのアップを終えるとすでにスタートの8時が迫っている。
2区の選手にも中継所へ移動するよう指示が掛かります。
そして、待つこと約20分弱、先頭のランナーが姿を現しました。
我がチームのタカヤマ君もそれほど間を置かずやってきました。

やや中継所の混雑はあったものの無事に襷リレー。
受けた襷を3区の半ちゃんに渡すため馬返しを目指してスタート。

序盤はとにかく落ち着いて抑えて入ることにしました。
2区はこの駅伝の中では比較的楽な区間ではありますが、
4.64kmの道程で345mの高低差は普通に考えて激坂です。
しかも、上に行けば行くほど勾配はきつくなっていきます。
自分の走力では突っ込んで入ったら潰れるのがオチです。
というわけで、最後まで失速せずに押せるペースを心掛けます。
序盤は抜かれる一方でしたが、自分のペースを守ることに集中。
この作戦が功を奏してか、良い感じでリズムに乗ることに成功。
沿道の自衛隊員からの声援で気持ち的にも乗ってきました。
中盤からは失速したランナーを少しづつ捕らえ始めます。
ラスト1kmを切ってからの急勾配も失速せずに押し切れました。
中継点が見えたところでスパートを掛けて半ちゃんへ襷リレー。

少しペースを抑えすぎたのか若干余力が残ってしまいましたが、
ほぼ思い描いた通りに走ることが出来ました。

さて、ここからは山の上のメンバーを信じて再び出番を待ちます。
この駅伝では山頂区以外の選手が二度走るという特徴があります。
しばらくインターバルを置き、今度は登って来たコースを下ります。
次の出走まで三時間余り、この間体力の回復に努めます。
(ちなみにランシャツの乾燥にも努めなければなりません)
あまりダラダラすると動けなくなりそうなので、散歩などをして過ごす。

そして、再びコールとアップを済ませ下ってくる選手を待ちます。
まず先頭で現れたのは、やはり地元の勇・滝ヶ原自衛隊。
先導の白バイを煽るほどのスピードで駆け下りてきました。
ここまで来ると自衛隊チームの強さが際立ってきます。

目の前で一つ、また一つと襷リレーが行われていくなか、
自分のチームナンバーがコールされるのを今か今かと待ちます。
先頭が通過してから40分以上が経過し時刻は12時を回りました。
さらに10分以上が経過し、繰り上げの不安が頭をよぎった頃、
ついに我がチームのナンバーがコールされました。
中継ラインに立って間もなく、半ちゃんが元気に下ってきました。

半ちゃんから「お願いします!」と声を掛けられ、襷を受け取る。。
受け取った襷はメンバーの汗を吸ってずっしりと重くなっていました。
その重みに責任の重さと熱いものを感じながら、馬返しをスタート。
青年の家で待つタカヤマ君へ向けて駆け下ります。

10区の下りに関しては作戦もへったくれもありません。
もう最初からぶっ飛ばして、ひたすら全力押し切るのみ。
正直言うと、下りには密かに自信を持っていたのですが・・・、
走り出すと想像以上の負荷が体に掛かり脆くも自信は瓦解しました。
1kmを過ぎた辺りで早くもきつくなり始め、脚が悲鳴を上げます。
それでも50mほど前にいるランナーを追いかけて飛ばします。
中間点辺りで前のランナーを捕らえ一つ順位を上げます。
さらに前にいるランナーを追いかけるもなかなかペースが上がらず。
それどころか後ろから来た別のランナーに抜かれてしまいました。
なんとかこのランナーに喰らいつくも徐々に差は開いていきました。
その後は「あと少し、あと少し!」と自分に言い聞かせて走ります。
限界状態ながらもラストは切り替えてスパートし襷を渡しました。

元気に走り出していったタカヤマ君の背中を見送って一安心。
ここまでくれば順調にゴールまで襷を運んでくれると確信しました。

走り終えた後は再び宿に戻って他のメンバーを待ちます。
次々と戻ってくるメンバー達と握手を交わしていきます。
無事、襷を繋ぎきったことをお互いに称えあうように。
メンバーそれぞれの笑顔がとても印象的でした。

初めての富士登山駅伝、勝手が分からず不安もありましたが、
多くの方々に支えられ、楽しく走ることが出来ました。
真剣勝負に於いては不謹慎な言い方かもしれませんが、
とにかく楽しかったというのが素直な感想です。

また、この駅伝の不思議な魅力を肌で感じることが出来ました。
富士森のみんなが富士に熱い思いをかける理由がわかりました。
この駅伝に峯尾工務店として参加できた事を光栄に思います。
選手並びにサポーターの皆様、改めてありがとうございました。

daf3e099.JPG















来年はパワーアップして山岳区間狙っちゃおうかな。
なんつって。

<第35回富士登山駅伝>
~チーム成績~
峯尾工務店
記録:4゜45’20”
順位:51位

~個人成績~
2区:23’01” 区間45位
10区:14’13” 区間45位 

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ チョット反省

二区と十区のタイム差勘案するに、さぞかし筋肉痛、スゴイと思います。ゆっくりご静養ください。

サポーターとして一つ反省したことがあります。
ランナーさんは、いつ自分に襷が回ってくるか気になっている、ということ。本来サポーターが、ケータイでランナーの発着を連絡しなければなりませんね。Yt、ケータイを持っていないのでこの点、全く駄目でした。
守屋監督から動員令が出ない限り、次のサポートはできませんが、今度サポートができる機会を頂ければ、ケータイとブツを持っていきます。

お疲れさまでした!

Yellow Timer 2010/08/03(Tuesday)07:27:36 Edit
◎ お疲れさまでした!

富士登山駅伝2010。お疲れさまでした!急きょ出場が決まったなかでの力走でしたね!
自分は、2003、2005、2006と過去3度出場経験がありますが、2005で2区10区を走りました。
こんなに登ったんだと思えるほどの10区の下りはスリリングだったのを覚えていますが、太郎坊より上での下りは、スリリングを通り越して、恐怖がちらつきました(笑)
もう一度出場したいなぁと思って2011年大会で 5年が過ぎようとしています。

なおきむち URL 2010/08/03(Tuesday)17:22:24 Edit
◎ すごい!

読んでるだけで、いつもの駅伝とは一味違った思い入れのある大会だと感じました。
何か「風が強く吹いている」の続きを読んでるような・・^^
力走お疲れさまでした!

いつかそんな意義のある大会に出られるように精進しますわ!

いずみん 2010/08/03(Tuesday)21:04:43 Edit
◎ Yellow Timerさんへ

サポート、ありがとうございました。
YTさんのレポート、いい感じですね。

お察しの通り筋肉痛かなり酷いです。
というか、筋肉痛を越えてます。

自分も各区間の状況把握が出来たほうが良いように感じました。
これは他の中継所との連携も考慮したほうが良さそうですね。
自分も今後はサポートにまわることもあるはずなので参考にしたいと思います。
そして、やはりブツは不可欠ですね(笑)。

ありがとうございました。

もがく者 2010/08/04(Wednesday)00:19:16 Edit
◎ なおきむちさんへ

ありがとうございます!
まずまずの内容で繋ぐことが出来てほほっとしています。
ロード区間でもあの高低差ですから、山岳区間の傾斜は想像にあまります。
来年はともに競い合いたいですね。
おっと、その前に火祭りでお会いしましょう。

もがく者 2010/08/04(Wednesday)00:24:07 Edit
◎ いずみんさんへ

正直、自分の走力では場違いなくらいレベルの高い大会でした。
日本一過酷な駅伝とも称される大会、
一度は出る価値があると思います。
いつか競い合えると良いですね。

もがく者 2010/08/04(Wednesday)00:28:15 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5
8 9 10 11
15 17 18
21 22 25 26
28 29 30 31
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新記事
◎ 最新コメント
[05/24 カルティエ 60代]
[05/24 カルティエ 結婚指輪 サイズ直し 価格]
[04/08 もがく者]
[04/06 YeLLow Timmer]
[03/15 もがく者]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]