忍者ブログ

~昨日よりも強く~

最近、強く思う。ケニア人になりたい、ケニア人の感覚で走ってみたい。
日本人との身体能力差(筋力・心肺など)は科学的には大きくないらしい。
でも、彼らの走りは異次元に思える、なぜ日本人は彼らに及ばないのか?

日本人との決定的な差は地核(芯)を捉える感覚能力の違いだと思う。
地球のど真ん中に重心を落として最大限の反発を得ているものと推測する。
頑張って地表を前進するのではなく地球を転がす感覚で走っているのだ。

その地核(芯)を捉える動きが重心を加速させる鍵を握っている。
狩猟民族として獲物を追うため重心を解放状態にしてきたケニア人。
方や、農耕民族として重心を低く据えて固定状態にしてきた日本人。

歴史と血脈、絶対に埋められないセンスの差がそこにはある。



ケニア人が無理ならエチオピア人でもいいんだけどねwww

<昨日のメニュー>
夜練
40’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:8.5km
月間累計:133.5km

<本日のメニュー>
朝練
35’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:6.5km
月間累計:140.0km

PR

先日の5000m、4年振りに自己ベストを更新することができた。
しかし、手放しで喜ぶばかりではなく内容を振り返り考察したいと思う。
なぜ自己ベストが出せたのか?そして、16分台には何が必要なのか?

<位置付けと目標>
今回のレースは今シーズン初の5000m、正直記録は狙っていなかった。
そもそもこの春は1500mから3000mがメインで5000mはサブ。
5000m用の練習はしていなかったので目標は17分30秒切りだった。

<レースまでの流れ>
4月末に気管支炎に罹り5月に急ピッチで仕上げたというのが大きな流れ。
前々週の1500mと前週の3000mでは全く振るわず不本意な結果。
今回も直前の状態が悪く思うような練習をこなすことができずに臨んだ。

<5月の練習>
ショート系のメニューがメインでジョグも短め、月間走行距離は269km。
ただ、5月はトラックレースに4本出場しており実戦経験だけは積んでいた。
さらにトラックレース後(同日)にスピード練習を加え質を高めていた。

<フォーム>
この春も引き続きスピードの出るフォームの追求・改良に取り組んできた。
九電工のポール・タヌイ選手を参考にして上体(腕)の使い方を意識した。
腕振りの引きを速くして脚の振り出しが高くなるよう修正を試みていた。

<レース展開>
2000mまでは第一集団の後方に付けてラップは3分20秒ー3分23秒。
ここまではレースをしている意識を持たず淡々とリズムを刻みながら走った。
その後、先頭集団からはちぎられたが第二集団に上手く乗っかることができた。
4000mまで集団の流れにまかせて3分28秒ー3分33秒のラップを刻む。
ひたすら溜めていたのでラストは一気に仕掛けて3分21秒でまとめた。

<総評>
今回の5000mに向けて練習自体は十分なものではなかった。
が、それでも自己ベストを更新できたのには練習以外の部分が大きい。
練習量の不足を実戦感覚の研磨とメニューの質の高さでカバーできた。
また、意識してきたフォームがレースで上手くハマり動きがキレていた。
そして、今持てる力に於いてベストなレースマネージメントが出来たのだ。

<16分台に向けて>
今回のレースで16分台がハッキリとしたカタチで見えるようになった。
足りない部分はスピード持久力、2000mから終盤まで押していく力。
具体的な練習メニューとしては速めのペース走とロングインターバル。
それに加え、あと僅かのトップスピード引き上げが出来れば尚良し。
そして、今回とは違い実際に16分台を狙って臨む姿勢が必要だ。

※参考練習実績



<一昨日のメニュー>
朝練
40’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:7.5km
月間累計:66.5km

<昨日のメニュー>
完全休養

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:0.0km
月間累計:66.5km

<本日のメニュー>
朝練
45’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:8.5km
月間累計:75.0km

フラットとセパレート、自分にはどっちのシューズが合っているのか?
今まで深く考えたことなかったけどこれは意外と重要なポイントかも。
フォームとも関連性が強そうだし今後しっかり考察していこうと思う。

コレ、上手くハマったらパフォーマンス向上に繋がる!!・・・かも。



<本日のメニュー>
朝練
30’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:6.0km
月間累計:260.0km

現状打破のために!!!対策その三<スピード持久力編>

スピード持久力を最大限発揮するためには無我の境地へ到達せよ!

スピード持久力とは・・・まず、この定義付けが難しいんだけど・・・。
ここでは簡単にキツいペースでも押し続ける能力ってことでイイかな。
この能力を磨くには血の滲むような練習と鋼の如き精神力が必要。

が!今日は敢えて泥臭い練習メニューも暑苦しい精神論も語るまい!
寧ろその逆!いかに頑張らずして押し続けることができるか?!
そのためには無我の境地に辿り着く必要があると見つけたり!

オレはこれまでレース中に何度か不思議な感覚にとらわれたことがある。
ハイペースを刻みながらも中盤からふと楽になり努力感なく走れる。
パフォーマンスレベルは高いが意識レベルが低い状態。

まるで自分が機械にでもなったかのような精密でキレのある動き。
それなのに意識はぼんやりしていて只々流れていく景色を眺めている。
この状態(ゾーン?)にハマった時は必ず好結果が出ている。

さて、普段ランナーは様々なことを意識しながら走っている。
距離、タイム、フォーム、フィジカルの余裕度、メンタルの余裕度etc.
更にレース中はこれにライバル達との駆け引きが加わってくる。

意識の高さは非常に大事な部分ではあるが諸刃の剣でもある。
残りの距離やラップを気にするあまり今の走りへの集中力を欠いてしまう。
ライバルの状態やキツさに過剰に反応するあまり余力を失ったり、と。

だが、ゾーン状態にハマった時は・・・なんも考えてねえっ!
キツさは遠くに去り、闘争心も一時的に消え、余計な計算もしていない!
そう!カラッポだ!悟りを開いた?!無我の境地に到達した?!

正確なところはオレもよく分からない、が!限りなく無に近い!!
とにかくこの状態にハメることが楽に押し続けるためのカギなのである!
そして、勝負所で覚醒し一気にトップスピードを叩き込むのだ!

走禅を極めし時、スピード持久力は最大限に発揮される!

<一昨日のメニュー>
朝練
40’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:7.0km
月間累計:217.0km

<昨日のメニュー>
朝練
50’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:9.0km
月間累計:226.0km

<本日のメニュー>
朝練
50’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:10.0km
月間累計:236.0km

現状打破のために!!!対策その二<持久力編>

スピードを活かすためにも持久力の底上げが必要不可欠である。

先日のレース、主に5000mの結果を受けて痛感したのがコレである。
然るべきタイミングでトップスピードを叩き込むためには余力が必要。
余力を残してレースを進めていくための柱となるのが持久力なのだ。

オレはこれまでスピードに注力するあまり持久系の練習を蔑ろにしてきた。
出力スピードが向上すれば持久的ペースにも余裕が生まれると考えたのだ。
だが、この考え方は根本的に間違っていたと言わざるを得ない。

先日の5000mの設定タイムは17分30秒、㌔3分30秒。
普段のスピード練習の設定タイムからすればなんてことはないペース。
だが、レースでは余裕など感じられず寧ろキツくて堪らなかった。

トップスピードとは局所的に発揮されるものであり持続性に乏しい。
飽くまでも短距離・短時間的な能力で持久的な能力とは全くの別物である。
長距離を余裕を持って走るにはやはり持久系練習の積み上げしかないのだ。

これを踏まえ今後は持久系メニューにも積極的に取り組んでいく。
定期的にペース走を実施、その中でも特にラストのペースアップを重視。
持久力を底上げして然るべき時にトップスピードを叩き込める男になる。

対策その三<スピード持久力編>に続く・・・かも?

<本日のメニュー>
朝練
50’JOG

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:10.0km
月間累計:190.0km

◎ カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
3
5 7 9 10
14 15
19 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新記事
◎ 最新コメント
[03/15 もがく者]
[03/15 YeLLow Timmer]
[03/14 もがく者]
[03/14 すずPAPA]
[12/22 もがく者]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]