忍者ブログ

~昨日よりも強く~



注目すべきは腰の位置、ランパンの上の辺り、ここに重心がある。
優れた選手は重心が高い位置で保たれスムーズに前進しているのが分かる。
重心の高さは空中での移動距離を伸ばし地面から得られる反発を高める。

このフォームを維持するには強靭なフィジカルとメンタルが不可欠。
またそれを支える過酷なトレーニングを可能にする整った環境も必要。
そして、努力だけではどうすることもできない生まれ持った才能も・・・。

だが、研究し理解し模索し実践することで僅かながらも差は縮まる。
才能を持ち合わせていないオレは不断の探求者として道を求め続けた。
一流選手の動画を見漁り彼らの動きを真似ては挫折する日々が続く。

先日、懲りずに動画を見続けていた時、ふとした発見があった。
速い選手達の中にも重心移動が上手い選手とそうでない選手がいる。
重心の浮き沈みが少ない選手ほど楽そうに走っているように感じられる。

特にアフリカ人選手は異次元のレベル、日本人選手とは動きの根本が違う。
アフリカ人選手の重心はほぼ平行移動、ホバリングしているように見える。
また、接地の位置も日本人選手に比べるとかなり後ろにある。

この差を生み出しているものは何だ?筋力?骨格?それともセンスか?
もちろん、それらもひとつの要素であることは間違いないだろう。
だが、オレは「重心の在り方」の違いではないか?と考えた。

全然関係ないけど、この動画のアナウンス面白いわww
続く。

<本日のメニュー>
完全休養

体調:★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:0.0km
月間累計:43.0km

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
6 7 9 10 12
14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新コメント
[08/13 もがく者]
[08/12 すずPAPA]
[08/03 偽ブランド 通販]
[08/02 ロレックスブランドコピー]
[08/02 オメガ激安ブランド館]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]