忍者ブログ

~昨日よりも強く~

<実戦考察①>
考察レース
第44回はちおうじT&Fトライアル
種目:一般高校男子1500m
記録:4’42”86
順位:2組4位

◆レースプラン
前回の撃沈から立て直しを図るためのレースと位置付けて出場。
また、本格的に中距離に注力するようになってから初のレース。
まず、大雑把な目標として失敗しないレースをすることを掲げた。
今の状態を鑑みて突っ込み型のレースプランはリスキーと判断。
具体的な目標タイムは4分40秒切りと現実味のあるものに設定。

◆展開
同組の他の選手は学生中心のため入りは速くなるだろうと予想。
その予想通り速めの入りになったためまずは最後尾につけた。
実際は周りのスピードについていけず出遅れただけだが・・・。
そのまま最後尾で1周目を73”で通過、先頭は66秒くらい。
2周目に入りペースが落ち着いたため二つポジションを上げる。
さらに少し前にペースが合いそうな選手を見つけ後ろにつける。
しばらくその選手の後ろをキープし脚を温存することにした。
そのまま2周目を通過したが、あまりにも余裕がありすぎる。
学生サポーターが読み上げているラップもかなり落ちている。
これはマズいと思い、前の選手をパスして単独ペースアップ。
そして、かなり脚を残した状態でラスト1周目の鐘を迎えた。
それでも残りはまだ400mある、一瞬だけスパートを躊躇。
だが、その直後に今でしょ!!と思い直し動きを切り替える。
集中力MAX状態で先行する選手達との差を一気に詰める。
視界に入っている選手は全て抜くつもりでスパートを掛ける。
ラスト200m手前からはさらにもう一段階ギアをチェンジ。
自分でも信じられないくらいのスパートを掛けることに成功。
ラスト1周だけでも4〜5人を抜き去ってのフィニッシュ。
しかし、前半自重した影響からタイム自体は伸びなかった。

◆課題
結局、目標の4分40秒切りを達成することは出来なかった。
今回のレースの一番大きなミスは中盤のペースダウンだろう。
流れに任せすぎてしまった、もう少し早く動くべきだった。
まだまだ中距離レースのペース感覚を掴みきれていない。
今後は自らペースメイクできる力をつける必要がある。
また、好記録を狙うにはやはり積極的な走りが必要不可欠。
前半から勝負できるスピードを身につけなければならない。
そのためには一段階質の高い練習に取り組むべきと実感。
今後はより質を重視した練習メニューを実施していく。
次回のレースでは課題を克服してステップアップしたい。

<本日のメニュー>
完全休養

体調:★★★
体重:測定無し
体脂肪率:測定無し
走行距離:0.0km
月間累計:204.0km

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新記事
◎ 最新コメント
[10/15 韓国ブランドコピー時計]
[10/14 偽ブランド時計]
[10/14 ブランド激安市場時計専門店]
[10/11 ブランド激安市場ブライトリング]
[10/11 ジェイコブ時計]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]