忍者ブログ

~昨日よりも強く~

今日は高尾山トレイルラン、ゆっくりだったけど脚パンパン。
昨日のレースでさらに気管をやられたらしく呼吸もキツキツ。
さて、そんじゃ昨日のレースの振り返りといきますかね。

フィニッシュタイムを見た瞬間、「嘘だろっ?!」と思った。
それぐらい手応えを感じられない走りだったんだけどなぁ。
自己ベストはおろか、まさか35分台が出てるとは。

前夜は「もうどうでもイイわ」と半ば諦めモードで就寝。
翌朝になっても奇跡の劇的回復は見られず咳は相変わらず。
完全に諦めモードで赤羽の地へと向かったのであった。

会場着後はとにもかくにもアップを始めることにした。
気管が荒れてるせいかジョグでも呼吸がキツく感じる。
こりゃあもう練習の一環と割り切ってペース走だな。

しかし、それに反して脚のほうは存外に動きがイイ。
おまけに風もベタ凪で記録を狙うには絶好のコンディション。
完全に諦めモードだったがここにきて欲が出てキターッ!

つーわけで、裏プラン「イケるところまでイク」を発動。
まあ、ダメならダメでしょうがないって感じで・・・。
もしダメでも次に繋がる走りはしようと決めてスタート。

入りの1kmは3’25”前後、早くも呼吸がキツい・・・。
その後はペースの合う選手を探しながらスピードを落とす。
5kmの上位選手&壮年10kmのトップ選手と並走する。

とりあえず5kmを17分台で通過しないと話にならない。
壮年トップ選手にやや遅れながらも17分56秒で5km通過。
が、既に余裕は無し、ぶっちゃけ「終わった・・・」と思った。

リタイアすらも頭をよぎったが、あともう1kmと思い直した。
んで、6kmを通過するともうあと1kmだけと再び思い直す。
しかし、7kmで後ろから来た壮年選手に捉まりいよいよ限界。

呼吸の乱れから動きも鈍りペースダウンを強いられる。
まるでスローモーションがかかったようにピッチが遅く感じる。
壮年の先頭争い二選手との差もどんどん開いていく。

それでも自己ベスト更新の可能性を信じてもがき続けた。
ピッチが落ちている分キックに力を込めるようにした。
呼吸のキツさはこれまで経験した中でもナンバーワン。

ラストは渾身のスパート、んで、結果は冒頭の通り。
後半はタレてると思ってたけど17’59”で意外と粘ってた模様。
どうにか今秋最後のチャンスをものにすることができた。

いつも自己ベストを更新するときはそれなりの手応えがある。
体調とか調整の流れとかレースの走りそのものとか。
今回はどれもチグハグで手応えを感じられなかった。

それでも、これだけ走れたってことは力がついてる証拠。
スピード持久力の向上とフォーム研究に取り組んだ成果だな。
それにしても10km35分台、長い道のりだったわ。

9月の表彰を受けました、今回の表彰はまた来月。


<本日のメニュー>
午前練
高尾山トレイルラン
約105’

体調:★★
体重:56.4kg
体脂肪率:5.6%
走行距離:15.0km
月間累計:249.0km

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 7 8
11 12 14
17 19 21
23 24 26 27 28 29
30 31
◎ プロフィール
HN:
もがく者
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/03/13
職業:
会社員
趣味:
ランニング
◎ 自己ベスト
1500m:4'32"07 5000m:16'56''15 10000m:35'30"33 5km:17'13" 10km:35'00'' halfmarathon:78'51'' fullmarathon:2゜52'17"
◎ 最新記事
◎ 最新コメント
[07/19 韓国ブランドコピー時計]
[07/19 シャネルバッグコピー]
[07/18 ロレックスブランドコピー]
[07/18 ゼニス時計]
[07/18 クリスチャンルブタン 財布 コピー]
◎ 忍者アナライズ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]